2018年06月06日

ジダン監督の電撃辞任…… 原因はペレス会長との衝突?

180606_1.jpg
2018年6月5日 16時0分
レアルの指揮官を電撃辞任したジダン監督

レアル・マドリードを前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇へ導くも、ジネディーヌ・ジダン監督は先日、欧州王者の指揮官を電撃辞任した。この背景には、フロレンティーノ・ペレス会長との衝突があったようだ。

2016年1月に解任されたラファエル・ベニテス監督の後任として、レアルの指揮官に就任したジダン監督。シーズン半ばの就任ではあったが、1年目から欧州制覇を成し遂げると、翌2016-17シーズンはリーガ・エスパニョーラと2連覇となるCLの2冠を達成した。そして、2017-18シーズンはリーグ戦こそ苦戦を強いられたが、CLではあれよあれよといううちに決勝までコマを進めると、リヴァプールを3-1で撃破し、3年連続でビッグイヤーを手にしている。

過去にないくらいの絶頂期を過ごしているレアルだが、そんな中で突如発表されたジダン監督の退団。英『THE Sun』によると、ペレス会長とジダン監督が今夏の補強を巡って口論になり、指揮官を辞任に追い込んだ。ジダン監督はチェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールの獲得を望んだが、これに対してペレス会長は「No」と答えた模様。一方で、ペレス会長はマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの獲得を持ちかけたが、ジダン監督はケイロル・ナバスへの信頼を強調したという。

貴重な指揮官を失ってしまったレアル。はたして、誰がジダン監督の後任を務めることとなるのか。若き名将の辞任の原因となってしまったかもしれないレアルの今夏の補強にも注目が集まる。
posted by スポーツマニア at 13:03| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: